【ラノベ感想】たった1年でも2人にとっては – 世界の終わり、素晴らしき日々より 1~3

書籍名:世界の終わり、素晴らしき日々より 著者名:一二三スイ、イラスト:七葉なば 出版社名:KADOKAWA(アスキーメディアワークス) レーベル:電撃文庫 形式:ラノベ 大きさ:文庫某海外の掲示板サイトで紹介されていたので読んでみました。全3巻で完結。 イラストは芳文社のまんがタイムきららミラクにて「となりの魔法少女」を連載されていた「七葉なば」さん。 [amazonjs asin="4832243047" locale="JP" title="となりの魔法少女 (1) …続く…

【ラノベ感想】過去に類を見ない進歩… – 安達としまむら 4巻

この記事の画像の著作権は各作者、出版社、制作者、製作委員会等に帰属します。 書籍名:安達としまむら 4巻 著者名:入間人間 出版社名:KADOKAWA(アスキーメディアワークス) レーベル:電撃文庫 形式:ラノベ 大きさ:文庫「なんだばしゃああ」から「逃げないぞー!」に進化した安達さんが見られる巻。そのファーストネームが「桜」であると1章早々に判明しましたが、入間人間WIKIイルティマニアさんによると3巻の時点で予測できていたそうです。ちなみに、しまむらは「抱月」。実在する芸…続く…

【ラノベ感想】著者が絶賛。素晴らしいイラスト – たったひとつの、ねがい。

至って単純な復讐のお話ですね。書籍名:たったひとつの、ねがい。 著者名:著:入間人間、イラスト:のん 出版社名:アスキーメディアワークス レーベル:メディアワークス文庫 形式:ラノベ 大きさ:文庫日常度:☆☆☆☆☆ ギャグ度:☆☆☆☆☆ 百合度:☆☆☆☆☆ ストーリー度:★★★★☆どこにでも居そうな大学生のカップルが拉致され、彼女が「食べられる」。辛うじて助かった主人公は復讐の道を歩み始める。 日常の中に唐突に割り込んできた、拉致、食人と畳み掛…続く…

【ラノベ感想】初期のクールな安達はどこへやら – 安達としまむら 2巻&3巻

今回は安達としまむらの2、3巻の感想です。3巻は8月に発売されました。ゲーマーズにて買ったところ、特典のブロマイドをいただきましたよ。表紙の絵と同じものですね。この記事の画像の著作権は各作者、出版社、制作者、製作委員会等に帰属します。 書籍名:安達としまむら 著者名:入間人間、イラスト/のん 出版社名:アスキー・メディアワークス レーベル:電撃文庫 形式:ライトノベル 大きさ:文庫1巻では、ほとんど進展の無かった安達としまむらの関係。2巻3巻ではどうなったのでしょ…続く…

【ラノベ感想】「なんだばしゃぁぁぁぁ」 – 安達としまむら 1巻

「なんだばしゃぁぁぁぁ」は安達が恥ずかしさを堪えきれずに発した言葉。さあ、安達がどこまで堕ちるのか見て行きましょう!今回の感想はラノベ「安達としまむら」の1巻です。めずらしい「百合ラノベ」というジャンルに当てはまるそうです。 「安達」と「しまむら」は、授業をサボりがちな女子高生。そんなヤンキーな二人が仲良くなるお話です。 視点は、安達としまむらとで章により移ります。この記事の画像の著作権は各作者、出版社、制作者、製作委員会等に帰属します。 書籍名:安達としまむら 著者名:…続く…