【アプリ紹介】拡張子が「.js」の拡張機能をChromeにインストールする

先日はグーグルの方針で「Chromeウェブストア」以外で提供されている拡張機能のChromeへのインストールが不可能になったことをお伝えしました。インストール済みの拡張機能も強制的に勝手に無効化されてしまい困っていたところです。同記事ではその対処法もご紹介し、好評を得ております。

そちらの方法では拡張子が「.crx」の拡張機能をインストールする方法をご紹介しましたが、「.js」につてはDev版のChromeをインストールするように推奨しました。確かにDev版(またはCanary版)を利用すれば簡単に「.js」をインストールできるのですが、Dev版は開発者向けのバージョンで一般の利用や安定動作には向かないかもしれません。

今回は拡張子が「.js」(「.user.js」)の拡張機能もChromeにインストールする方法をご紹介します。Dev版ではなく通常版でも利用可能な方法です。
拡張子が「.js」の拡張機能は「Greasemonkeyスクリプト」と呼ばれ、Firefoxなどとも互換性がある拡張機能です。

スクリプト配布サイトからインストールする方法

  1. まずは、拡張機能のページ(chrome://extensions/)を開き、インストール済みのGreasemonkeyスクリプト(拡張機能)をごみ箱アイコンをクリックして削除しましょう。
    kasupe-chrome (1)
  2. Chrome ウェブストアから「Tampermonkey」という拡張機能をインストールします。
    dotjsinstall (1)
  3. インストールするとタブが自動で開きますので、適当に内容を確認したら閉じてください。
  4. 拡張機能のページ(chrome://extensions/)を開き、「Tampermonkey」がインストールされているのを確認します。「Tampermonkey」およびインストール予定のGreasemonkeyスクリプトを「シークレット モード」でも実行したい場合は「シークレット モードでの実行を許可する」にチェックを入れましょう。最後に「オプション」をクリックします。
    dotjsinstall (2)
  5. 設定ページが開きます。「設定のモード」を変更すると詳細な設定が可能になります。通常は「新参者」で構いません。
  6. Greasemonkeyスクリプト配布サイト(「Userscripts.org」や「Greasy Fork」など)の、目的の拡張機能の配布ページを開きましょう。
  7. 各ページ上の「Install」ボタンなどをクリックすると「Tampermonkey」のタブが開きます。
    dotjsinstall (3)
  8. スクリプトの内容や警告などを確認したら、「インストール」をクリックしましょう。
    dotjsinstall (4)
  9. 拡張機能のページ(chrome://extensions/)を開き、再び「オプション」をクリックします。「インストール済み UserScript」タブに移動するとインストール済みのスクリプトの一覧が表示されます。スクリプト名の左に緑のアイコンが表示されていれば、有効になっています。
  10. スクリプトが動作している場合は、右上のアイコンにバッジが表示されます。
    dotjsinstall (5)

「.js」ファイルからインストールする方法

  1. 前項の「5.」までを完了させてください。
  2. ダウンロード/開発済みの、拡張子が「.js」のスクリプトのファイルをメモ帳などで開き、内容をすべてコピーします。
    dotjsinstall (6)
  3. 拡張機能のページ(chrome://extensions/)を開き、再び「オプション」をクリックします。一番左のタブをクリックします。
    dotjsinstall (7)
  4. 下のボックスに、先ほどコピーした内容を貼り付け、保存ボタン(フロッピーのマーク)をクリックします。
    dotjsinstall (8)
  5. 「インストール済み UserScript」タブに自動で移動します。スクリプト名の左に緑のアイコンが表示されていれば、有効になっています。
    dotjsinstall (9)

非常に簡単でしたね。

ちなみに、Dev版やCanary版のダウンロード方法はこちらの記事で紹介していますので、よければどうぞ。

Post navigation


コメントを残す