アフィリエイトと広告について

ここで、インターネット上でお金を儲ける方法を確認しておきましょう。

実世界と同様に実際の商品を売ったり、ソフト/アプリや音楽/映像などの情報を販売する方法がまず存在します。
これに加え、インターネット上ではアフィリエイトやクリック報酬型広告を使ってお金を得る方法があります。これ以外にも、サイトにアクセスさせるだけでお金を得る方法などもあります。

ここでは主に「広告主」(広告を出稿する大元)、「広告提供者」(AmazonやGoogleなど、広告主と契約し、その広告をホームページ運営者に提供)、「運営者」(ブログやホームページを運営する者)が登場します。

それでは、広告の形態をひとつずつ確認していきましょう。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは成功報酬型広告のこと。自分のサイトやブログでインターネット上で販売されている商品を紹介し、その商品が買われることで広告提供者から商品の代金の一部を報酬として受け取る方法です。主なものにAmazonのアソシエイトやバリューコマース、Linkshareなどがあります。広告がクリックされるだけでは報酬になりません。
中には、自らの商品リンクから運営者自ら商品を購入することを許可している広告提供者もいます。

クリック報酬型広告とは

自分のサイトやブログに広告を掲載し、その広告がクリックされるごとに報酬が発生します。主なものにGoogleのAdsenseやサムライファクトリーのAdMaxなどがあります。アフィリエイトと異なり、広告がクリックされるだけで報酬を受け取ることが出来ます。
もちろん、自らの広告を運営者自らクリックすることは規約違反になります。
アフィリエイトと混同されやすいのですが、報酬の発生条件が異なりますので、全く別の広告形態です。

広告主と直接契約

これまで紹介したものは、広告主と広告提供者が契約し、サイト運営者とは直接契約しない方式でした。一方こちらは、広告主と運営者が、1か月/1年あたりいくらの報酬を受け取るのか、定額などで直接契約する方式です。
2chはこの方式ですが、AmazonやGoogleもこれにあたります。

アクセスするだけで報酬を得る

自分のサイトやブログにアクセスがあるだけで報酬を得ることが出来るサービスです。自分のサイトと言っても、ホームページやブログサービスを契約して利用させてもらっている訳で、提供者が自らの広告を自由に挿入することが可能です。
この方式は、サイトへの訪問者がブログサービス提供者が出す広告をクリックしてくれることを見込んでいます。

インターネット上でお金を儲ける方法はこのくらいでしょうか。

Post navigation


コメントを残す