【アプリ紹介】クリップボード履歴を保存/管理 『Clibor』

Windowsを含め、多くのOSやデバイスでは文章をコピーしペーストする機能が付属しています。一方で、コピーした文章を保存し、履歴として閲覧/呼び出すことのできるOSはほとんどありません
このような文章を書く際にも、「さっきコピーした文章を再度ペーストしたいけど、別の文を新しくコピーしちゃった」という場合はよくあります。

そんな時に便利なのがクリップボード履歴ソフト。今回はWindowsに対応したフリーのソフトをご紹介します。
Clibor」というものですが、履歴ソフトの中では高機能で使いやすいと思います。

ダウンロードはhttp://www.amunsnet.com/です。ダウンロード後は、手動で「Program Files」フォルダなどに解凍/保存しましょう。また、自動起動に設定する機能もありませんので、こちらも手動で「スタートアップ」フォルダにショートカットを登録するなどの必要があります。それぞれの場所は「C:\Program Files」、「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup」などです。
詳しい使い方などはhttp://www.amunsnet.com/soft.htmlで公開されています。

保存した後は「Clibor.exe」をダブルクリックして起動しましょう。特にウインドウは表示されないと思いますので、設定は通知領域内のCliborのアイコンを右クリックします。

それではさっそく履歴機能を使ってみましょう。Cliborが起動した状態で何か文章を2つコピーしてみます。
コピーしたら[Ctrl]を2回押しましょう。オレンジ色の「メイン画面」が表示されると思います。

「1:」の右側に表示されているのが、今クリップボードにある文章です。「2:」にある文章を使いたいときはその行をクリックします。
クリックするとその行の文章がクリップボードに追加されます。あとは普段通り[Ctrl]+[V]などでペーストしましょう。「2:」の文章がペーストされると思います。

また、右クリックをすることで各履歴を「編集」したり「削除」することもできます。
ちなみに、メイン画面上の「\n」は改行を意味しています。ペースト時には改行として正しくペーストされるはずです。
Clibor
クリップボード履歴ソフトは特に長文を書いたりするときに便利です。作業効率も格段に上がると思います。
また、同作者が「Cliboid」としてAndroid向けの履歴アプリも公開されていますので、こちらもぜひ使ってみてください。

Post navigation


コメントを残す