【アプリ紹介】アートワークと歌詞をiTunesに簡単転送 『Broadway』

iPodやiPhoneなどのアップルのデバイスで音楽を聴かれる方は、必然的にiTunesで音楽を管理することになると思います。私もiTunesで管理していますが、楽曲には歌手名やアルバム名はもちろん、読み仮名やアルバムアートワーク、歌詞まできっちり入力するタイプです。
CDから音楽をインポートする場合はアートワークも取得できないことが多いので、ネットを検索して手動でアートワークや歌詞を登録することになります。ですが、この作業はたいへん面倒です。歌詞については著作権保護の観点から、コピーをできないようにしているサイトがほとんどだと思います。

そんな時に便利なのが今回ご紹介するアプリ。アートワークと歌詞をiTunesに簡単に転送できるBroadway』というものです。

まずは公式サイト(http://www.voralent.com/ja/products/broadway/)からソフトをダウンロード、インストールしましょう。今のところWindowsのみ対応で、完全無料で利用できます。
broadway (1)

アートワークを入手

手順は簡単。
インストールしたらBroadwayを起動します。iTunesも同時に自動で起動するはずです。
まずはiTunesでアートワークを入手したい楽曲を再生しましょう。
broadway (2)
Broadwayのウインドウに戻ったら「ARTWORK SEARCH」タブに移動します。
お好みの画像があったら、画像を右クリックして「アルバム内の全曲にアルバムアートを転送」をクリックします。これで、その曲が含まれるアルバム内のすべての曲に選択したアートワークが転送されます。
broadway (1)
ここで、おすすめの設定があります。標準の設定では正方形かつ大きすぎない画像のみを検索するようになっていますが、特にRetinaのiPadでは、500px×500pxのアートワークでは画像が荒く見苦しくなってしまいます。これを、大きく正方形ではない画像も検索できるようにしましょう。
右上の「」ボタンをクリックします。「正方形の画像のみ検索する」のチェックを外し、「大きなサイズの画像を検索結果に含める」にチェックを入れます。
broadway (4)

歌詞を入手

次に歌詞を入手しましょう。同じくBroadwayのウインドウの「LYRICS SEARCH」タブに移動します。
自動で歌詞が検索されますので、歌詞を選択します。左下のペインで歌詞の全文を表示できます。
お好みの歌詞が見つかったら、ウインドウ左上の「」ボタンをクリックします。これで歌詞が転送されます。
broadway (3)
右側のペインでは、現在登録されている歌詞を確認できます。

※iPhoneやiPadで音楽を聴かれる方は、歌詞を自動で表示できるアプリもありますので、そちらも活用してみてください。

これで登録作業は格段に楽になると思います。
さて、次回はiTunesの曲によみがな/ふりがなを自動で付ける方法をご紹介します。

Post navigation


コメントを残す