【アニメ感想】だいぶ遅れたけど2016年秋アニメ感想

 遅れましたが2016年秋アニメの感想を軽く書いておきます。個人的には不作だったかな。一番面白かったのがユーフォ、次いでまほいく、フリフラかな。

ラブライブ!The School Idol Movie

 海外に行くという展開に類似点を感じてしまう。必然性に欠ける気もしたが、多くのユーザー(ラブライバー)が楽しめるのなら全く問題ないと思う。個人的には手描きライブパートのほうが好きなんですがコンセプトでしょうか。

夏目友人帳 伍

 すでに続編も決定している本作ですが5期でも変わらない空気でゆったり流れる日常(?)を楽しめる作品だった。主人公がこれ以上不幸に陥らないか心配だ。気さくな性格ではあるけど主人公に闇というか壁を感じるんだよなあ……。これが改善された時に問題は解決し本作は終焉を迎えるのではないかと思う。

響け!ユーフォニアム2

 1期よりドロドロが増してる!?様々な問題に直面するも部は一致団結して悉く解決!!とはいかず、結局堂々巡りになりそうなのがこの作品のリアルっぽいところ。3期にも期待しています。

SHOW BY ROCK!!#

 CGの完成度、あらゆる層に的確にアピールするコンセプト、キャラやキャラ同士の魅力、バンドや音楽の魅力。1期ほどのインパクトは無かったものの要素は継承されていて十分に楽しめる作品になっていた。アイレーンちゃんさまがかわいい。

フリップフラッパーズ

 前半は毎話パロディーのオンパレード。後半の展開が心配でしたが綺麗にまとまりました。別の世界線の話、って訳ではないんだよね……?
 結論:ヤヤカワ

魔法少女育成計画

 ねむりん。こいつだけは死んでほしくないという視聴者の願いも空しく真っ先に殺す。久々に震慄するお話だった。
 血の気が多い(物理)作品。魅力あるキャラがたやすく退場する様は圧巻。魔法少女は既に人間ではないんだなあ。こういうストーリーもアリだと思う。割と楽しめた。
 あと車の描写が妙にしっかりしていた印象。

終末のイゼッタ

 もう少し百合要素強いと思ってたんだけどなあ。背景の描写が薄くて感情移入は難しかった。ストーリーの緩急ももっと欲しかった。(松竹大丈夫だろうか。聲の形でも松竹がヒットに与えた影響は薄かったように思えるし。)

Lostorage incited WIXOSS

 selectorファンなので個人的にはうれしい続編だった。ただ最終回まで視聴しても「記憶」の重要さや貴重さが伝わって来ずイマイチかなあと思ってしまう。一方で音響は非常に良かった。

ステラのまほう

 きらら系だし原作も読んでいたので視聴したが、個人的には好みから外れていた。ありきたりすぎてもう少し刺激が欲しいと思ってしまう。それと題材が類似の前期『NEW GAME!』と比較してしまってビデオグラム(円盤)には食指が到底動かなかった。

ガーリッシュ ナンバー

 楽しむところがちーさまの毒舌ぐらいで、SHIROBAKOと比較してしまうと、、難しかったのかなあ。とりあえずWeb連載4コマだけは面白かった。

舟を編む

 荒木が第一営業部の有象無象の中から馬締を見つける瞬間はカタルシス。あまり詳しくないが発達障害なのか?

装神少女まとい

 親父の呼び方についてツイッターで辛口評価を書きましたが深い理由があったようでちょっと反省。全体的には特に面白みも無かった。

ブレイブウィッチーズ

 ビデオグラム(円盤)では表現が解禁されているようだが、この姿勢に時代錯誤を感じてしまう。自重は業界全体の保身につながると思うんだけどね。オリンピックも近いんだし。

月曜日のたわわ

 一時物議を醸した本作。上記同様で、生理的嫌悪感と犯罪臭を感じる人は少なくないと思う。展開があり得ないし個人的に好みの作品ではない。

魔法少女なんてもういいですから。 セカンドシーズン

 この世界では誰が魔法少女たちを解放してくれるのだろうか。もし可能なら、できればで良いんだが、ついででいいので社畜も開放してあげてほしい……。

てーきゅう 8期

 9期はよ!

Post navigation


コメントを残す