【NEW GAME!】2016年夏アニメの感想【モブサイコ100】

  • 聲の形(映画・映画館)
  • たまこラブストーリー(映画・地上波初放送)
  • 雲のむこう、約束の場所(映画・無料BS実質再放送)
  • NEW GAME!
  • Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ドライ!
  • モブサイコ100
  • あまんちゅ!
  • 魔法少女?なりあ がーるず
  • バッテリー
  • RWBY(OVA/映画・ニコ生)
  • ラブライブ!サンシャイン!!

聲の形(映画・映画館)

 劇場で見てきました。詳しくはこちらの感想記事で。

たまこラブストーリー(映画・地上波初放送)

 『たまこまーけっと』を(ガチで)全く知らない自分でも楽しめました。ネット上の批評に「TVシリーズとは別作品」との書き込みが散見されますので私の感想は妥当です。TVシリーズは”まーけっと”が平仮名ですが、劇場版の”ラブストーリー”は片仮名という点も象徴的でしょ? 一方で餅への回帰とお馴染みの糸電話からは、たまこの根本的な心理に変化が無かった事を伺えます。
 監督の演出手法を知る上で最も重要なシーンはもち蔵の告白シーンの前後でしょうか。広角からブレるカメラ、足と横顔、橋上の車と人、石が落ちる、印象的な劇伴と色のみで構成された視界。
 本作でも『映画 けいおん!』でも『聲の形』でもEDにボーカル付き音楽が挿入されています。監督の拘りか、TBSで放送する作品を制作する際の名残か、或いはポニキャの希望でしょうかね。京アニは他のメーカーとも映画を製作してみてほしいです。

雲のむこう、約束の場所(映画・無料BS実質再放送)

 新海監督の恋愛と過去への執着は恐ろしいです。監督自身の経験か、若しくは監督の“前々々世”に何かあったのでしょうかね。気になります!
 本作も主人公とヒロインは数年を経て再開する事が出来ますが、ヒロインが抱えていた主人公への想いが伝えられる事はありませんでした。物語を理解する上で必要以上の時系列的な描写を抑えている点でもスッキリと視聴を終えさせてくれない作品です。
 一方で『君の名は。』では過去作で手が届かなかった”あの子”の気持ちに現実的に接する事ができるようです。監督の中で転換があったのか。それとも本人の意識とはかけ離れて東宝の意図が働いた結果か。その真偽は次回作が恋愛映画かそうで無いかで判断できるのではないでしょうか。

NEW GAME!

 1巻しか読んでないけど原作はキャラットの中でも面白い4コマです。きららの社会人作品アニメは珍しいので新鮮に楽しめたのではないでしょうか。アニメは“ぞい”だけの一発屋では無い事を示してくれたし良作に仕上がっていると思う。
 …だからBD2巻だけ売れるとかやめてよね!

Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ドライ!

 紫の外套はSNUBWの象徴で、日常系のプリヤが消えてしまう物恐ろしさはあった。同時にFate本来の興奮も湧き上がってきて映画への連結は最高の4期(3期?)だった。映画は区内に行かないと見られないと思うので一旦パスで。

モブサイコ100

 能面なモブにも爆発の限界点がある事に安心しつつも数値化されたモブメーターには人間味の無さに恐怖が募る。まあそもそも超能力者ですからねー。
 自ら手を下さないだけ霊幻新隆は『ワンパンマン』以上に無敵で全能な存在である気がしてきた。もう霊幻がナンバーワンだよ。そしてOPは今期一最高にカッコイイ。

あまんちゅ!

 舞台設定は『ARIA』の方が好きです。ネオ・ヴェネツィアなんて反則です。作者の水への思い入れは今作でも十分に表現されていたと思います。てこがぴかりとダイビングを通して新たな自分を見つける。ならばぴかりは水でしょう。恥ずかしいセリフ禁止!

魔法少女?なりあ☆がーるず

 超上級者向けですので誤ってご覧になられた方々へはケアが必要です。スマイラル(アーススター)さんにはダテコー監督の愉快な仲間達に加わられたこと喜び申し上げます。
 ……で、続編いつですか?

バッテリー

 クール中にBSプレミアムにて同原作の実写映画が放送されていました。巧の思春期ならではの生意気さはビンビン伝わってきます。この点、アニメの”記号化”された表情では子供にも大人にもある絶妙な感情の発露を表現する事は難しいかもしれない。深夜アニメしかもノイタミナ作品ですから例えば『ピンポン』のようなタッチで、顔の表現に質を費やす作品も見てみたかったです。

RWBY Volume 1(OVA/映画・ニコ生)

 米Rooster Teeth Productions.が3DCGで制作したアニメーション作品が日本語吹き替えで登場。演出も表現もアメリカ風なのにキャラクターのデザインに始まり所々で見られる日本のアニメやマンガっぽさがクセになる。ストーリー自体は割と王道だし『ハリー・ポッター(新BD BOXまもなく発売!)』くらいの洋画さえ観ていれば風俗差も気にならないはず。コテコテのCGアニメだけどこの点も見れば数分で慣れるでしょう。続きのVolume 2がいくつかの劇場で上映中なので観に行きたいのですがちょっと遠いからね。ワーナーは良いチョイスをしました。ロスと繋がっていることが大きな強みだと思うので今後も良作を発掘して欲しいです。

ラブライブ!サンシャイン!!

 驚異的なヒットを遂げた『μ’s』と『ラブライブ!』だが“サンシャイン”もラブライブ!1期と同程度には売れているようなので一安心。他の要素に幾ら文句を付けようともライブシーンだけは魅力的に思えてしまうのがこの作品の最大の謎だ。『Aquors』の紅白出場は確定事項かもしれない。世界中を探してもラブライブ!を止められる人間を見出すことは出来ないだろう。

SHOW BY ROCK!!しょ~と!!

 秋から始まる『#』(2期)の前哨戦的な今回の5分アニメ。本編1期から1年以上のブランクがあり忘れかけていた自分には良いきっかけとなりました。1期が余りにも綺麗な終わり方だったのでどのように繋げるのか気になるところですが、2期のメインテーマは“絆”らしい。4本の線が交錯して構成されている“#”という記号も象徴的です。

2016年秋アニメの予定はこちらの記事をご覧ください。

Post navigation


コメントを残す