【映画感想】ハッピーエンドなのだろうか – 僕だけがいない街

 3/19から全国ロードショーの『僕だけがいない街』。劇場にて観ましたので感想を書いておきます。
 あらすじ。売れない漫画家の藤沼悟は、過去にタイムリープして本来起こるはずだった事件や事故を回避し、過去を改変できる能力を持っている。千葉に住む悟を北海道から訪ねて来た母親が正体不明の犯人によって刺殺された。母親は悟の小学生期に起きた誘拐事件の真相を知ったため口を封じられたようだ。悟は過去に戻って誘拐事件を未然に防ぎ、母親を助けることができるのか……。
 本映画の原作は三部けいさんによる同名のマンガ。ヤングエースでの連載が今月で終了した、完結したての作品です。単行本は全8巻で最終巻は4/26発売予定です。

 同じ原作のメディアミックス作品として、映画に先んじて今年一月からフジテレビ系ノイタミナ枠にてアニメ化作品が放送中です。映画の公開に合わせるかのようにアニメ版の展開も佳境に入ってきました。
 一週間後の放送が待ち遠しくなるような展開は大好物。個人的には今期トップレベルに面白い作品だと思っています。Blu-ray/DVDは上下全2巻で発売予定。ソフトにコンパクトさを求める方々にもお勧めできる形態となっています。まあアニプレ、KADOKAWA作品なので私は買いませんが。

アニメと映画の差異は?

 今回の映画は120分。アニメは21分×12話で約252分。当然展開にも違いがありました。本筋に大きく関わりのないストーリーは除かれたり変更されているようです。たとえば母親の死体を発見したシーン。アニメでは、気が動転していたとしても、不自然な行動で犯人と誤認されました。映画ではより自然な流れになっています。
 一方で作品全体を通しての流れはアニメとほぼ同じでした。とは言いつつ、記事執筆時点でアニメ版は最終回を迎えていないため、映画版と結末が異なる可能性も排除できませんが。
 アニメ版の製作はアニプレ、フジテレビ、KADOKAWA、電通など。一方で映画はワーナー、KADOKAWA、博報堂DYMP、ユニバーサルミュージック、博報堂DYMaP、ホリプロなど。KADOKAWA以外は被りが無く特にタイアップしている訳でもなさそう。ちなみに映画の撮影は昨年9月にクランクアップを迎えていたようです。どちらの企画がより早かったんでしょうか。
作品のもう一つの舞台・船橋のTOHOシネマズにて見てきました

疑問

 映画を見ていて疑問に感じた点ですが、悟が真犯人を知ってしまい川に落とされ元の時空に戻るシーンがありますね。それでは悟は改変された歴史の中でどのように生き延びてきたのでしょうか。真犯人が現在まで生きている点を考えると、悟が殺されるか、悟によって真犯人が逮捕されるかの、どちらかが約20年間の間に発生することが自然に思えるのですがどうでしょうか。
 まあそもそも約20年前に北海道にいたメンツが揃って千葉に移動し、千葉で事件が起こる点で設定に難がありそうですが。
 もう一つは、最後に愛梨が悟の漫画作品の単行本を読むシーンがありますが、彼の作品は編集者に酷評されており単行本など出せるレベルではなかったはず。歴史が改変されたことで悟の能力も変化したということでしょうか。あるいは屋上の事件からしばらくの間……?

アニメと比べて物足りなさは?

 120分で完結するため、「ここで終わりか」「来週はどんな展開なんだ」という視聴者を焦らす展開を組み立てられない点は仕様がありませんが、個人的には少し不満でした。もっとハラハラした緊迫な描写が欲しかったです。サブウーファーとかももっと使って。
 また、尺の短さからか、悟の「救いたい」という思いが観衆に矮小化されて伝わるかもしれないと感じました。悟の性格ゆえで難しい点だったかもしれません。

演技は?

 とは書きつつ主演の藤原竜也の演技は最高でした。悟の素っ気ない対応が見事に表現できていたと思います。できれば「声に出てた」が聞きたかった。
 子役で悟の幼少期を演じたのは中川翼。記事執筆時点ではWikipediaの記事もありません。個人的にはまだまだ伸びしろのある俳優だと思いました。
 同じく子役で加代役の鈴木梨央の演技はクオリティの高いものでした。本当に子役か?リバイバルしてるんじゃね?と思ってしまうほどです。「ばかなの?」にも文句ありません!

結末はハッピーエンド?(ネタバレ)

 最終的に一連の事件の真犯人は逮捕され、母親も加代も助かります。悟は残念ながら2016年の時点で死亡。
 悟は死にましたが彼の思いにより助かった人々がいます。その点ハッピーエンドでしょう。作中のような事件は今後も多発するでしょうから、家庭、学校、行政、地域を少しでも啓蒙できる作品となれば良いのですが。
 描写しきれなかった部分は多いですが120分間に丁寧にまとめられていたと思います。個人的には満足でした。地上波かBSで放送されていたらまた見たいです。

Post navigation


コメントを残す