【通話】iPadに対応した『LINE』アプリと既存の『LINE for iPad』の違いを調べる【ノート】

 本日、無料通話アプリ『LINE』iOS向け最新バージョンがApp Storeにてリリースされました。このバージョンではiPhoneに加えて、iPadやiPad mini、iPad Air、iPad Proの画面サイズにも対応し、ユニバーサルアプリ化されています。

lineipad (1)

 iPadでのLINEの利用については、2014年にリリースされた『LINE for iPad』をインストールするか、非推奨ながらもiPhone向けの『LINE』アプリを利用することもできました。
 ところが『LINE for iPad』では、iPhone版で利用できる“通話”や“ビデオ通話”機能が搭載されていません。さらに、“ノート”や“アルバム”機能についても利用できず、『LINE for iPad』のレビューでは「機能制限酷い」や「制限が多すぎる。」などと悪評が多く寄せられています。その上、スタンプや音声を送信する際に表示されるパッドも、iOS標準のパッドに隠れてしまい、入力の度に標準のパッドを移動させる必要があり、大変不便でした。

 今回の記事では、本家『LINE』アプリがiPadに対応したことでこれらの不便が解消されたのか、検証してみたいと思います

通話、ビデオ通話

 これまで利用できなかった“通話”、“ビデオ通話”機能ですが、見事に利用できるようになりました
lineipad (2)

ノート

 “トーク”画面には「iPadからは閲覧できない」旨が表示され不便を感じていた“ノート”機能ですが、こちらも利用できるようになりました。これからはiPhoneを開くことによる二度手間が解消されそうです。
lineipad (3)

アルバム

 “アルバム”機能も利用できます
lineipad (4)

iPadからLINE IDの作成、登録

 iPad版からは新規作成できなかったLINE IDですが、新バージョンではiPadからも登録が可能です。
lineipad (5)

タイムライン

 友だちに登録したユーザーや企業の更新情報などが表示される“タイムライン”機能。これまで利用できませんでしたが新バージョンでは利用できます
lineipad (6)

バグの修正

 スタンプ入力時に、iOS標準の入力パッドが表示されて入力できないバグは解消されたようです。

絵文字

 これまで「(笑い)」などで表示されていたLINE独自の絵文字。これもiPhone同様に表示できるようになりました。
lineipad (7)

着せかえ

 着せかえテーマは利用できないようです。

ショップ

 スタンプや着せかえテーマの購入、コインのチャージは依然不可能です。

 多くのユーザーが望んでいた、基本的な機能は利用可能になったようですね。私もLINEをより便利に使えそうで嬉しいです。

Post navigation


コメントを残す