【ラノベ感想】安達と樽見と、しまむらの夏休み – 安達としまむら 5

 とあるショップにて店舗フェア特典付きで買おうとしたら、安達としまむらのイラストが選択肢に無い。一体どうなってるんですかね!?。
 ということで、遅れましたが今回は安達としまむらの5巻。簡潔に書いていこうと思います。if 『もしみんな小さかったら』と『頼まれなくたって会ってやる』は以前に「入間の間」で公開された内容の再録ですので当時の感想記事をどうぞ。

 今回で5巻目ですが、これまで通りのホンワカした日常の「安達としまむら」を期待しながら読むのはおすすめしませんね。仏の如くに広い心を持つしまむらに依存してきた安達。遂にその本心をしまむらに打ち明ける時が来た様です。
 夏休み。樽見等と祭りに行ったしまむらでしたが安達は案の定その様子を目撃してしまいます。嫉妬の渦に巻き込まれた安達はしまむらに電話を掛け、遂に心に仕舞っていたしまむらへの想いを吐露し……。
 文庫本約4ページに渡ってぎっしりと綴られていますが、さすが入間さんですね。狂気を感じる。 正直私がしまむらだったらこれ以降安達の存在は避けるでしょう。以前から挙動のおかしかった同性の友人が遂にイッてしまったという感じですよ。だって気持ち悪いとか以前に怖いでしょうから……。――まあ鏡を見れば一目瞭然、幸い(?)にも自分には縁遠い話ですが――。
 一方でぐう聖しまむらの対応は異なりました。しかしこの行動はしまむらが奔放な性格で、安達とのいざこざごときでは何の影響も無い事の表れでしかなく。だから、来年に出版される「安達としまむら」6巻に収録される夏休み後半編で安達がしまむらに変革を起こせるのか、期待しつつ――。

 本巻を少し読み進めてまず入間さんの表現力が上がってきていると感じましたね。短い執筆期間でここまで内容を練られるのは凄いと思います。もっと個性を打ち出した作品に出会えたら嬉しい
 さて、今回はあだしま初のカラー帯。帯上でアニメ化について発表される予想もありましたがそれは一旦お預け。過去に「入間の一問一答」で入間さんがアニメ化に触れていましたが、アニメ化自体はそこそこ現実的な距離にあるらしい。やはり、文庫本を欠かさず購入したりや出版社へのアニメ化の要望を伝えていくことがユーザーにできる最も基本的な運動なのでしょう。

ネット上の感想

ご購入はこちらから

Amazonのほか、セブンネットショッピングhontoTSUTAYA紀伊國屋書店などにてご購入いただけます。

Post navigation


コメントを残す