日常系テレビアニメ 「ゆゆ式」のBlu-ray BOXが到着したので早速レビュー。11/26発売

 2015年11月26日発売の、テレビアニメ『ゆゆ式』のBlu-ray BOXが到着しましたので早速レビュー。

yuyushikiboxarr (1)

概略

 今年の夏コミ(C88)にBD BOXの発売が発表されていた『ゆゆ式』。いずれも名前に「ゆ」がつく三人が繰り広げる「情報処理部」の日常を描いたアニメ作品。原作は三上小又さんによる同名の4コマまんが。
 まずは外観とかレーベルとか封入特典とか。パッケージは原作者の三上小又さん描き下ろしのスリーブケース。ディスクケースはキャラクターデザインの田畑壽之さん描き下ろしデジパック仕様。ディスクは本編2枚と新作ドラマCD、ラジオCD-ROM(ゆゆ式放送部#1~#6)の計4枚。更に48Pブックレットと復刻版の複製キャストコメント入り縮刷台本(1話)が付属しています。
 音声特典にはオーディオコメンタリー(単巻収録と同一の内容)。映像特典はにゃにゃ式 (予告編、#1~#5)、ノンクレジットエンディング、ゆゆ式のプロモーション映像が収録されています。
 残念ながら今回、各法人とも特に店舗特典は用意されませんでした。

yuyushikiboxarr (2) yuyushikiboxarr (3)

新作ドラマCD

 「おいしい毎日」と題された気になる新作ドラマCDの内容を、早速見ていきましょう。音声はAudio CDに収録されて計3トラック、計約27分。
 内容は特に緩急も無くいつも通りの日常。模範臭、戦隊、日記、ハンバーグ、麻婆豆腐がキーワードです。冴え渡った突っ込み。ノリ良いな。
 キャストの方々も当時の通り全く違和感のない演技。むしろアニメ本編よりも味が出ている感じで、これなら2期にも問題なく対応できますね||。

ディスク

 レーベルは4枚を並べると「ゆゆ式」になる仕掛け。
 使用容量は本編ディスク2枚とも各約46GB。2層BDの限界まで利用しており画質とコンパクトさを兼ね備えた最良の品質になっています。
 メニュー画面は特にアニメーション等の無い普遍的なもの。本編に加えて、チャプター選択、音声特典(オーディオコメンタリー)、映像特典(ノンクレジットOP/EDと「にゃにゃ式」)を簡単に選択できるようになっています。
 ちなみに本編ディスクのオーサリングは2015年10月22日、CD-ROMは同10月16日に行われたようです。

ブックレット

 ブックレットの内容を見てみましょう。ページ数は全48ページ。表紙はサラサラのマット加工装丁。各話の紹介、キャラクター紹介、設定紹介、スタッフインタビューが掲載されています。最終ページのインタビューはBOX発売記念。
 部室の備品に至るまで細かに設定されていることが分かります。インタビューからは、まさに“情報処理部”な制作現場が目に浮かぶようです。
 ちなみに1話複製AR台本によると、「三上先生は神」らしい。

製作

 BDのオープニングは、発売当初はジェネオン・ユニバーサルだった同社が社名変更したためアニメーションも変更されてよりユニバーサルな感じに。博報堂DYMaPは社名変更後も同一のブランドとアニメーションを使用。エグジットチューンズはやはり、びっくり。

yuyushikiboxarr (1)

そして、2期は

 2期を所望される皆様は是非こちらのBOXを入手され、NBCユニバーサル・エンターテイメントや芳文社などに2期を望む旨を確実に伝えていきましょう。

ネット上の感想

試験。

Post navigation


コメントを残す