【ハイレゾ波形・周波数】ゆりゆららららゆるゆり大事件 、 マイペースでいきましょう – 七森中☆ごらく部

 購入したハイレゾ音源の音声波形や周波数のグラフ(FFTグラフ)を見て楽しむ記事です。今回はCD音源とも比較してみましょう。

今回の楽曲

 今回は2曲。テレビアニメ「ゆるゆり」(1期)のOP『ゆりゆららららゆるゆり大事件』とED『マイペースでいきましょう』です。どちらもテンポよく明るい曲ですが、ハイレゾの効果は如何ほどでしょうか。

フォーマット

 それでは楽曲とフォーマットの情報です。

楽曲名ゆりゆららららゆるゆり大事件マイペースでいきましょう
アーティスト七森中☆ごらく部
音源のアルバム名ゆるゆりハイレゾ♪みゅ~じっく[七森中☆さみっとスペシャル]
レコードポニーキャニオン
マスターのフォーマット不明
配信フォーマットFLAC|48.0kHz/24bit
配信サイトmora

 ハイレゾとしては安い部類の価格ですが、それ以外に特に変哲はありません。

グラフ

 さあそれでは波形を見ていきましょう。利用したソフトはAudacity。波形がつぶれて音圧を重視している音源(通称かまぼこ)は「音質が悪い」と評価されるようですが、今回の作品はどうでしょうかね。

 まずはOP『ゆりゆららららゆるゆり大事件』。画像上がハイレゾ版、下がCD音源です。
yuruyuri1hr (1)
 説明文によると、ハイレゾ版を配信するにあたり、少しだけ音圧感を弱めて大きい音は大きく小さい音はより小さくと、丁寧にマスタリングをやり直したそうです。音色面では低音のビート感、高音のきらびやかさのバランスを考慮しているそうですよ。
yuruyuri1hr (2) yuruyuri1hr (3)
 ハイレゾ版にクリッピングはありません。ただ、ギリギリの部分が相当存在し危うい感じがします。並でしょうかね? 周波数解析を見ると、22200Hz辺りまで出ているようです。ただ21500Hz辺りから大きく変わっている感じでしょうか。
 一方でCD音源にはクリッピング(赤い部分)が目立ちます。周波数の方は21500Hz辺りまで出ているようです。丁度、CDで削られた部分がまるで付加されたかのようです。
 収録時にはハイレゾを意識していたかは不明ですが、5年前のマスターとしては良いハイレゾの部類に入るのではないでしょうか。

 続いてED『マイペースでいきましょう』。こちらはハイレゾ版のみです。
 クリッピングはありませんが、大事件以上にべったりしている部分が多く見受けられます。うーん。
 240000Hz辺りまで出ているようです。ただ20500Hz辺りから大きく変わっている感じでしょうか。
 総評としてはこちらも同様です。
yuruyuri1hr (4)
 実際に聴いた感じでは、明瞭感がやや上がっている印象です。それ以外は、まああまり差は無いかなという感じです。といっても主観や環境によっても変わると思いますので買って損は無いでしょう。

Post navigation


コメントを残す