iOS 8.4 のアップデートで ミュージック アプリは素晴らしい進化。一方、 Apple Music は……?

 先日リリースされた iOS の最新バージョン、 iOS 8.4 。主なアップデート内容はニュースでも伝えられている Apple Music のサービス開始ですが、 ミュージック アプリも全体として進化を遂げたようです。主要な iPhone / iPad / iPod に対応していますので早速アップデートしてみましょう。

「次はこちら」機能が素晴らしい

 パソコンのiTunesで音楽を聴いている方はご存知だと思いますが「次はこちら」という機能がiTunesには備わっています。“一時的なプレイリスト”の立ち位置で、以前のiTunesに存在した機能「iTunes DJ」の代替でしょうか。次に再生したい曲を確認/変更できるので「今の気分的にはあの曲を聴きたい」とか「この2曲が連続するのは雰囲気的に合わない」とかいう場合には重宝します。ランダム再生中には特に便利ですよ。
 一方でiPhoneやiPad、iPod touchに備わっている「ミュージック」アプリでは「次はこちら」機能がこれまで利用できませんでした。毎度プレイリストを作るにしても手間がかかりますし、ランダムさとパーソナリティさを兼ね備えたリストに仕上がるかは疑問です。つまり、これまで非常に不便でした。
 しかし、幸いなことに状況はiOS 8.4で大きく変わることになるでしょう。すなわち、「次はこちら」機能がiOSにも搭載されたのです。Marvelous!
ios84 (2) ios84 (3)
 使い方は簡単。まずは試しに適当にランダム再生を実行してみましょう。(iPadの場合)ミュージックアプリ下の再生バーの右の「≡」マークをタップすると「次はこちら」リストが表示されます。ここから削除、追加、順序の変更が簡単に行えます。再生バーをタップすると表示される再生画面からも確認できます。
 これで快適なミュージックライフが送れそうですね。

Apple Music はどうなの?

 一方で今回のアップデートの目玉内容である「Apple Music」はどうなのでしょうか。当ブログで以前お伝えした同様のサービスの「AWAと比較してみましょう。
 まずは対象の楽曲数。iOSで「ミュージック」アプリを初回に起動した時に表示される画面によると、その数数は「3千万」らしいです。AWAが現在500万曲未満(参考:http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=23786&code=7860)であることと比較すると、総曲数では「Apple Music」の勝利と言えそうです。
ios84 (1)
 一方で日本の利用者の多くが求める「邦楽」についてはどうでしょうか。携帯総合研究所によるとAWAで利用可能なSMEやJVCケンウッドビクターの楽曲に、「Apple Music」は未対応とのこと。これ以外にもレコードによっては提供していないアーティストも多く存在し、満足に「邦楽」を聴ける環境とは言い難い模様です。個人的にはアニソンも気になるところなので実際に検索して調べてみました。ユニバーサル(NBCユニの方)、ランティス、東宝(TOHO animation RECORDS)、ワーナー(エンターテイメントジャパンの方)等の、アニソンでは比較的重要なレコードの楽曲には未対応のよう。ただし、アニソンに限ればAWAも同様の状況ですので、互角と言えそうです。
 また、一般の利用者の中には「『Apple Music』を契約すれば『iTunes Store』にある全ての楽曲を聴くことができる」と思われている方も多いかもしれません。そうした利用者のサービスに対する評価は下がることになるでしょう。
 満を持して登場した「Apple Music」ですが、現時点で日本では競合サービスに劣ると言わざるを得ない状態です。海外サービスの必然とは捉えず、今後のサービス拡大に注目しておきましょう。

Post navigation


コメントを残す