【ラノベ感想】『今日の安達さん』、『今日のしまむらさん』、『もしみんな小さかったら』

 著者の入間人間さんが作家デビューされて8周年。入間さんの公式サイト「入間の間」内のWEB小説が更新され、安達としまむらの新作描き下ろしが公開されました。『今日の安達さん』、『今日のしまむらさん』、『もしみんな小さかったら』の3作。無料で読めますので早速見てみましょう。
 感想を書いておきます。4巻の感想はこちら

  • 日常度:★★★★☆
  • ギャグ度:★★☆☆☆
  • 百合度:★★★☆☆
  • ストーリー度:★☆☆☆☆

『今日の安達さん』

 安達さんはわざわざしまむらまで行って服を買ってそう。

『今日のしまむらさん』

 初の『今日のしまむらさん』。
 「しま…」とやらは金で買えるのか……?

だけだと少ないのでおまけ『もしみんな小さかったら』

 あらすじ。「しまちゃん」と遊びたい「桜ちゃん」。しかし「しまちゃん」は「たるちゃん」と遊んでおり……。どうする「桜ちゃん」。
 メタ要素の強い番外編。何故かみんな小さくなって幼稚園に押し込められた。過去編ではない様子。
 感情を表に出しやすい幼稚園児とすることで、一般化というか性格がサンプルのように見て取れるようになっていて面白い。「そうだよー、しまちゃんひとりじめするなよー」が本編に反映されたらいったいどうなるのか。楽しみに待っております。そしてこれ、話し手は誰なんでしょう。

ついでに『安達としまむら裏話的なもの』

 「シグルイ」という作品を存じ上げず、よくわかりませんでした。。

5巻……

 そして文庫本「安達としまむら 5巻」の発売が決定! 2015年11月10日発売予定だそうです。今回のWEB小説も5巻に収録されると思われます。発売され次第感想も書いていきますよ。
 ちなみに、4巻の電子書籍版は本日からBOOK☆WALKER(安達としまむら4)にて先行配信開始。Kindle等向けの電子書籍版は7月11日発売予定です。

4巻の文庫版のご購入はこちらから

Amazonのほか、楽天Yahoo!ショッピングセブンネットショッピングhontoポンパレモールTSUTAYA紀伊國屋書店e-honなどにてご購入いただけます。楽天やヤフーにはブックオフや駿河屋、エンターキング、フルイチなども含まれます。

4巻の電子書籍版のご購入はこちらから

Kindleストアのほか、BOOK☆WALKER(安達としまむら4)iBooks Store(安達としまむら4)などにてご購入いただけます。

Post navigation


コメントを残す