【コミック感想】生活は監視カメラで全国放送!? そしてアニメ化決定! – 城下町のダンデライオン 1巻

今回ご紹介するのは、芳文社のまんがタイムきららミラクにて連載中の「城下町のダンデライオン」。早速ですが、ミラク上で、テレビアニメ化されることが決定したとのお知らせが出ました! ミラクとしては、桜Trickと幸腹グラフィティに続く3作目のアニメ化です。こちらについては記事の終わりで詳しく書いていきたいと思います。
今回は単行本の1巻の感想です。現在は2巻まで発売中。3巻の発売は2015年2月以降になりますので、こちらもお見逃しなく!
dandelion1 (1)

この記事の画像の著作権は各作者、出版社、制作者、製作委員会等に帰属します。

  • 書籍名:城下町のダンデライオン 1
  • 著者名:春日歩
  • 出版社名:芳文社
  • レーベル:まんがタイムKRコミックス
  • 形式:4コマまんが
  • 大きさ:A5

物語の舞台はとある王国。その王家の9人兄弟から次の王にふさわしい者を選ぶため、彼らの生活は監視カメラで全国放送さえているらしい。それぞれの個性(能力?)を生かして生活する9人。それぞれの思惑とは? そして、誰が王に選ばれるのか!
まずは登場人物ですが、まあとにかく多い。名前だけ羅列すると、葵、修、奏、茜、遥、岬、光、輝、栞の9人。全員一文字! 男3人女6人です。それぞれに何か特殊な能力が備わってるようですね。そして、女性や長子以外も国王候補の対象とは珍しい気もします。
パパがでかい
dandelion1 (2)

  • 日常度:★★★☆☆
  • ギャグ度:★★☆☆☆
  • 百合度:★☆☆☆☆
  • ストーリー度:★★★☆☆

最初は長女・葵と三女・茜の生活から見ていきましょう。2人は同じ学校に通っているらしい。特別な学校と言う訳ではなく、一般の生徒と同じように生活しているようです。ただし、登校するまでは監視カメラに見守られます。
授業が終了。と、下校中に偶然ひったくりを目撃します。先ほど書いたように2人にも特殊な能力が備わっており、茜は重力を制御できるそうです。特性を生かしていとも容易く犯人を捕まえてしまいました。きらら系ではめったに見られないアクションシーンも見どころかも。
dandelion1 (3)
四女・岬の能力は分裂。最大7体に別れることができ、幾つもの部活を兼部しているらしい。しかも分身は何かの分野に突出していて部活動には有利。
ただし、分裂中は本体にはほとんど能力が無く分身のマネージャーになってしまうよう。自分の不満を分身に話す岬ですが、適材適所、自分の力が活かせる分野を見つけられたようです?
すごい躍動感。写真はミラク掲載のもの
dandelion1 (4)
さて、まだ数人しか登場していませんが、最終的には誰が王に選ばれるのか。そして選ばれなかった者はどうなるのか…? 国王のあと3年……。

アニメ化

2014年11月15日発売の「まんがタイムきららミラク」2015年1月号にて、「城下町のダンデライオン」のテレビアニメ化が発表されました。
芳文社関連のアニメとしては、「幸腹グラフィティ」と「ALDNOAH.ZERO」が2015年冬に放送予定。さらに、”きんモザ”2期の「ハロー!きんいろモザイク」、フォワードにて連載中の「がっこうぐらし!」。そして、「レーカン!」のアニメ化もすでに決定されています。よって、「城下町のダンデライオン」のアニメの放送時期は、早くても2016年冬になるのではないでしょうか。
枠スレでは、早速メーカーや局の予想が出ています。NBCユニバーサル、そしてTOKYO MXなどのU局での放送が今のところ有力です。芳文社としては、NBCユニバーサルになると旧ジェネオンも含め、「ゆゆ式」と「ご注文はうさぎですか?」に続く3作目となります。
しかし、きらら系のアニメ化が止まりませんね!

ご購入はこちらから

Amazonのほか、楽天Yahoo!ショッピングセブンネットショッピングhontoエルパカBOOKS(HMV ONLINE)ポンパレモールTSUTAYA紀伊國屋書店e-honなどにてご購入いただけます。楽天やヤフーにはブックオフや駿河屋、エンターキング、フルイチなども含まれます。

Post navigation


コメントを残す