【コミック感想】アニメ放送中の”天メソ”のコミカライズが早速登場 – 天体のメソッド 1

7年前に突然到来し、空中に居座ったままの謎の円盤。円盤の正体とは? 何故円盤は来たのか?
2014年秋放送中のテレビアニメ「天体のメソッド」のコミカライズ1巻が発売されました。ストーリー形式で、アニメと設定や展開は同じになっています。
アニメではノエル=円盤という重要なポイントが明かされたところですが、コミカライズではどうなっているのでしょうか。
アニメイトで購入したところ、店舗特典としてミニ色紙を頂きました。
sora-no-method-comics (1)
この記事の画像の著作権は各作者、出版社、制作者、製作委員会等に帰属します。

  • 書籍名:天体のメソッド 1
  • 著者名:作画:浪咲ゆか/原案・脚本:久弥直樹
  • 出版社名:アスキー・メディアワークス
  • レーベル:電撃コミックスNEXT
  • 形式:ストーリーまんが
  • 大きさ:B6

7年ぶりに故郷の街に帰ってきた中学生の乃々香。何故か本人は当時の記憶が曖昧らしく、親友だった同級生の柚季、こはる、汐音、湊太のことも覚えていない様子。そこで出会った謎の少女・ノエルは乃々香との約束を果たすために居る、と言います。ノエルの正体は先に書いたとおり。
柚季は7年前に来た円盤を目の敵にして追い出そうと努力。汐音は突然帰ってきたの乃々香のことが気に入らないらしい。こはるは乃々香と仲良くしていますが、今後どうなるのでしょう…
すごい顔ですね…
sora-no-method-comics (2)
4人と、ノエルとの別れはあまり良いものではありませんでした。引っ越すことを特に告げずに去ってしまったのですから、汐音が怒るのも当然かもしれません。ビンタはやりすぎでしょうと思いますが…。
円盤を呼ぼうと初めに言ったのは乃々香だった模様。「円盤さんの本」で見たらしい。ムー?
引越しの直前に円盤を呼ぼうとしたところに、円盤がもたらしてくれるであろう効果が隠されていそうです。

  • 日常度:★★☆☆☆
  • ギャグ度:★★☆☆☆
  • 百合度:★★☆☆☆
  • ストーリー度:★★★★☆

そして、7年間待ち続けたノエル。健気ですねー。もしかしてノエルにとって7年間という時間は比較的短いのかも。容姿が変わらないところを見ても人間とは一線を画していそうですし、時間の感覚が違うのかもしれません。ノエルの正体が「円盤」と言っても抽象的というか大雑把すぎてよく分かりませんね。宇宙人とか未来人とか、そういうカテゴリには属さないのでしょうか。まあ、こういう考察は得意な方がいらっしゃるでしょうし、そのうち明らかになると思うので深く考えないことにします。
待った挙句。かわいそう…
sora-no-method-comics (3)
コミックでは1巻のラスト、アニメでは4話冒頭に、更に柚季にも叩かれてしまう乃々香。これまでは良い関係を築きかけていましたが…。汐音とは割と早く仲良くなれそうですが、こちらは厳しそうな感じがします。
しかし、柚季は何故そこまで円盤を嫌うのでしょうか。子供の頃から反対運動をしていたり、病院(?)の描写がありましたが、これがヒントになりそうです。
ノエルと柚季の2ショットは微笑ましいですが、反面少し恐ろしくなる場面でもあります。
ということで、コミックス1巻ではアニメ4話までの内容が描かれていました。
sora-no-method-comics (4)
コミックとアニメの原案・脚本を担当している久弥直樹さん。この方が以前原案・脚本として作られた「sola」というアニメがあります。私も先日見ました。ネタバレですが、主人公が人間で無く紙であったことが判明し、ヒロインの記憶も消えて完結するという、なかなか残酷な展開でした。
天体のメソッドもこんな感じのラストが待ち受けていたら面白いなぁ、とは個人的に思います。後味悪そうですが…

ご購入はこちらから

Amazonのほか、楽天Yahoo!ショッピングセブンネットショッピングエルパカBOOKS(HMV ONLINE)アニメイトhontoポンパレモールTSUTAYA紀伊國屋書店e-honホンヤクラブなどにてご購入いただけます。楽天やヤフーにはブックオフや駿河屋、エンターキング、フルイチなども含まれます。

Post navigation


コメントを残す