【コミック感想】マイ半田ごてで物作り。工業系女子高生の日常 – ハルソラ行進曲(マーチ) 1

今回ご紹介するのは、まんがタイムきららミラクにて連載中のハルソラ行進曲。読みはハルソラマーチです。
工業高校の女子たちの日常系作品となっています。単行本コミックスの1巻は10月27日に発売! 今回はミラク上のコミックをもとに感想を書いていきます。

この記事の画像の著作権は各作者、出版社、制作者、製作委員会等に帰属します。

  • 書籍名:ハルソラ行進曲(マーチ) 1
  • 著者名:そと
  • 出版社名:芳文社
  • レーベル:まんがタイムKRコミックス
  • 形式:4コマまんが
  • 大きさ:A5

主人公は高校1年生の若乃。物作りが得意、というのも家が工場で小さな頃から工業に触れてきたから。今は稼働していないそうですが、どうやって生計を立てているのか……。
早速工具が登場! マイはんだごてとニッパーを持ってきましたが、学校の物を使うように言われました。マイスポンジ…。はんだの取れ具合とかが違うのでしょうか。自分は特に普通の学校に通っていたので「ICピンそろえるやつ」とか見たことないですね。
harusoramarch (1)

  • 日常度:★★★★☆
  • ギャグ度:★★☆☆☆
  • 百合度:★★☆☆☆
  • ストーリー度:★★★☆☆

同級生のやなぎは吹奏楽部の部員。ただ、工業に興味があって晴空工業高校(晴工)に入学したわけでは無く、物作りは苦手。少しづつ物作りが好きになったら良いですね。
harusoramarch (2)
同じく同級生の朱莉(じゅり)が晴高を選んだのは就職に有利かなと思って。中学時代は水泳部に所属していたが晴工には水泳部が無く、自分で作った。
男子が苦手。
harusoramarch (3)
同じくサヤ。工場が好き。配管や機械がカッコイイらしいが…。一昔前、工場萌えとかありましたね。
携帯している筆記用具は製図セット。物理的に距離が近い。
harusoramarch (4)
登場人物は主に以上の4人。
夏休みが明け試験。筆記と実技があるようですね。ガス溶接、アーク溶接。アーク溶接の方は重装備で臨みます。結構危険な作業もするんですね…。
無用な改造を施す若乃と作業が苦手なやなぎがいつもの居残り組。ものの修理が得意という新たな才能を見つけられたやなぎでした。
harusoramarch (5)
工業色の強い文化祭、パソコン実習もあります。プログラミング、ポケコン……。分かる人には懐かしい内容かもしれませんね!

ご購入はこちらから

Amazonのほか、楽天Yahoo!ショッピングセブンネットショッピングhontoポンパレモールTSUTAYA紀伊國屋書店e-honなどにてご購入いただけます。楽天やヤフーにはブックオフや駿河屋、エンターキング、フルイチなども含まれます。

Post navigation


コメントを残す