【コミック感想】まだまだ夏は続く – のんのんびより 7巻

今回ご紹介するのは「のんのんびより」の7巻。7巻の店舗特典のまとめはこちらの記事を、コミックス1巻から6巻の感想こちらの記事をご覧ください。

この記事の画像の著作権は各作者、出版社、制作者、製作委員会等に帰属します。

  • 書籍名:のんのんびより 7
  • 著者名:あっと
  • 出版社名:メディアファクトリー
  • レーベル:MFコミックス アライブシリーズ
  • 形式:ストーリーまんが
  • 大きさ:B6

のんのんびよりは2013年秋にテレビアニメ化され、第2期の製作も決定しています。
7巻は、新作アニメ(OAD)が収録されたDVDの付いた特装版も同時に発売されています。私は通常版を購入しましたが、OADの内容はコミックス6巻終盤の沖縄旅行編前日譚のアニメ化。アニメオリジナルの展開が多くなっているそうです。

  • 日常度:★★★★☆
  • ギャグ度:★★☆☆☆
  • 百合度:★★☆☆☆
  • ストーリー度:★★☆☆☆

ゲーマーズで購入したところ、オリジナルブックカバーをいただきました。
ちなみに、P6の誤植はこの巻の第1刷で修正されています。
nonnonbiyori7 (1)
さて。6巻のラストでは、デパートの福引で兄ちゃんが沖縄旅行をゲット。旅行当日、飛行機に乗ったところで終了でした。7巻はその続き、沖縄旅行編からスタートです。
P13の左のキャラ紹介で、小鞠がめんそーれとメンソレー●ムがどうのと言っていますが、私はむしろメンソレー●ムとメンタームの違いを知りたい。
さておき、めんそーれは「ようこそ」の意味らしい。はいさいと並んで有名ですね。
沖縄ではシュノーケリング、カヌーと満喫したようです。

沖縄から帰った、ある日。蛍の親がデパートで花火を買ってくるので夜にやろうという話に。その夜、蛍の家に集まった一同でしたが…。残念ながら売り切れで買えたのはパラシュート花火だけ……。
すると先生が歩き出し、着いた先にいたのは無数の「蛍」。この人沖縄旅行で何か覚醒したんじゃないだろうか?。
「花火できなかったけど花火できた」とのことです。
そういえば蛍見たことありませんね。パラシュート花火も初めて知りましたし。

部屋の掃除をする小鞠。ベッドの下で見つけたのはボロボロの小吉さん。小吉さんはホラー映画と死後の回で出てきました、ぬいぐるみです。と同時に目についたのがアルバム。そこに写る小鞠はいつも小吉さんを抱いていました。ふと外出し、蛍の家へ。「こまぐるみ」のことを思い出して蛍に直し方を教わるようです。
蛍に教わりつつ直します。こまぐるみは普通にインテリアのようになっていますが…。
綺麗になった小吉さんを見て小鞠は笑顔。良い話でした。
nonnonbiyori7 (2)

アンソロジーコミックスの新刊・「あきっ!」の予告がありました。発売は9月22日。表紙はKoiさんが描かれるそうです。原悠衣さんの次はKoiさんですか。これは……。
既刊のアンソロジーコミックスの感想は。
そして、コミックス8巻は2015年春ごろの予定らしい。同ページでは「にゃんぱす」の意味が書かれています。

ご購入はこちらから

特装版

OAD付き特装版をアマゾンで購入される方はこちらからどうぞ。そのほか、楽天Yahoo!7netポンパレモールTSUTAYA紀伊國屋書店e-honエルパカBOOKS(HMV)ホンヤクラブなどにてもお買い求めいただけます。

通常版

通常版をアマゾンで購入される方はこちらからどうぞ。そのほか、楽天Yahoo!7nethontoポンパレモールTSUTAYA紀伊國屋書店e-honエルパカBOOKS(HMV)ホンヤクラブなどにてもお買い求めいただけます。

電子書籍のご購入はこちらから

Kindleストアのほか、iBooks Store楽天Kobo電子書籍ストアYahoo!Renta!ブックライブhontoセブンネットBOOK☆WALKER紀伊國屋書店などにてご購入いただけます。

Post navigation


コメントを残す