【コミック感想】ピルルクの過去が明らかに – selector infected WIXOSS peeping analyze

 selectorスピンオフマンガ。全2巻完結。  アニメではルリグだったピルルクが主人公。本名は清衣。  1期ではアキラッキーのルリグとして一衣とバトルした際「ピーピングアナライズ」を発動し精神攻撃で一衣を敗北に追いやった。視聴者は「ピルルク許すまじ」と憎悪の眼差しで見ていたがこのマンガを読めばその意識が変わるかもしれない。[amazonjs asin="408890088X" locale="JP" title="selector infected WIXOSS─peeping …続く…

【映画感想】愛国。反戦。家族。心。 – アメリカン・スナイパー

 遂に映画にまで手を出し始めたhppyです。今回は2014年に米国で製作され、先月Blu-ray&DVDの販売と各レンタルが開始された「アメリカン・スナイパー」の紹介とか感想とか、なんか色々。 ブラッドリー・クーパー演じるクリス・カイルの実話を基にした物語。原作はクリス自著の自伝。心か、政治か  政治的に中立を狙った本作品。コンセプトは良いが、一方でクリスや家族の心に焦点を当てる時間はもう少し欲しかった。作中でノイローゼ気味のクリスが息子と戯れる犬を過剰に攻撃したり、彼の第二子…続く…

劇場版selector destructed WIXOSS のPVが公開! 不穏すぎる…

 コミケに行かれた方はもう見ましたか? C88(コミックマーケット88)のワーナーブースにて初公開された「劇場版selector destructed WIXOSS」のPVがYouTubeにアップロードされ、誰でも見られるようになりました。  早速確認してみましょう。感想  ――1分間のに色々詰まっていました。まず目を惹くのがサムネイルにもなっているピルルクの怯えた顔。テレビアニメではアキラッキーのルリグとして終始クールなキャラで通っていました(「ピルルクたんと緑子さん」ではちょ…続く…

ジャパンネット銀行からファミマTカード付きVisaデビットが登場

既に口座をお持ちの方も切り替えの申し込みが可能です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。 以前から予告されていたように、ジャパンネット銀行にて「Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)」の発行受付が開始されました。当カードは「キャッシュカード」機能に加えて「Visaデビット」機能と「ファミマTカード」機能が統合された一体型カードです。年会費と発行手数料は無料で、満15歳以上の方なら高校生でもカードを持つことができます。入会審査やローン機能はありません。  口座をお持ちでな…続く…

【ラノベ感想】告白して5分後に振る – SとSの不埒な同盟

 美術音痴な美術部員の大輝は校内で高名な美人で才女のルチアが同じく美術部員である事に気付いた。「まさか、こいつも」。何が"こいつも"なのかと云いますと……。 読み始めて最初に思ったこと。読みやすい。徐々に物語に引き込まれて行く感じ。良い。  さて、大輝こと主人公が何故美術部員の皮を被っているのかというとそれは鑑賞の為。美術室の真横、中庭を隔てて隣の校舎の音楽室が合奏部の練習場所だ。その合奏部の美園こそ大輝が鑑賞し妄想を愉しむ対象。そして同じ美術部員のルチアも同じく合奏部の小笠原を鑑賞す…続く…